ペアーズでやらかした

ペアーズでやらかした数々の失敗。失敗しながらも出会うまでに漕ぎつけやすいメールなんかも効率的に出せるようになってきました。
失敗談と効率的なメールを備忘録としてまとめましたので、よかったら参考にしてくださいね!

ペアーズを使っているとやっぱり失敗してしまうことってあると思います。

あそこでああすればよかった、こうしていれば、なんてことがあるはずです。

今回はペアーズを使っていて私が過去に体験した失敗談や後悔した話をまとめていきます。

ペアーズは実際に出会うことができるマッチングアプリとしてかなり有能ですが、その分失敗や後悔も付きまといます。

今後使おうとしているみなさんも、今回の私の体験談を知っていただいて、何かのお役に立てればいいなとおもいます。

1、失敗、後悔①「興味ないのがばれて後悔」

これはペアーズでめちゃくちゃかわいい人に対して私がやってしまったことなんです。

やっぱりペアーズでかわいい人とマッチングするとかなりテンションがあがりますよね。

私もテンションが上がり、なんとかしてこの人に実際に会いたいと思いました。

しかし、かわいい人は競争が激しいのも事実であり、つまらないメッセージが続けば返信が来なくなるのでは、と心配でした。

この女性はジャニーズが好きで、嵐から関ジャニからなんでも好きなようなんです。

私もテレビで見るくらいは知っていますが、誰がどんな趣味をしているなんて知るわけないですよ。

そこで、相手の話に全力で合わせながら、パソコンで調べながら会話を続けていきました。

お互い意気投合できたので、実際に会うことになりましたが、パソコンで調べないとやっぱりわからないものは分からず、結局自分が全く興味を持っていないというのがばれてしまいました。

女性は怒って帰ってしまい、自分のあさはかな行いを反省しましたね。

やっぱり知らないときは知らないと言って、むしろ聞き出すくらいのスタンスの方が成功するのではと思います。

2、失敗、後悔②「写真と違い過ぎた」

これは写真詐欺に引っかかった時のお話です。

ペアーズではトップ画に写真を使うことができます。

たいていの人は自分の顔写真を使い、個人が特定できるような写真を使います。

今回の女性のトップ画にはプリクラ写真が使われ、サブ写真にはSNOWで加工してある写真と、遠目の風景写真があったんです。

プリクラと風景写真を見て、まあこれくらいならかわいい部類に入るだろうと思い、実際に会うことになりました。

しかし、待ち合わせ場所に来た人は、全くの別人で、明らかな写真詐欺だったのです。

もうその日のテンションはダダ下がりで、一刻も早く帰りたいと考えていました。

水族館に一緒に行くことになっていましたが、隣を歩くのも嫌で、足早に各ブースを通り抜けます。

今考えれば態度に出過ぎてたかもしれないんですけど、その場にいたらきっとあなたもそうなる気がします。

結局2時間ほどかかる水族館を30分で出てきて、近くのフードコートでさっさとご飯を食べ、1時間半で解散しました。

やっぱり、プリクラはやめた方がいいですね。

最近のプリクラでは一重の人が二重に、太っている人がやせて見えたりと色々詐欺機能が付いているようです。

ペアーズのトップ画でプリクラやSNOWを使っている人は注意するべきですね。

3、失敗、後悔⑤「業者に勧誘されて身の危険を感じた」

最後のお話は、出会った業者の女性に何度も勧誘された話です。

私はその女性とお昼に会うことにしました。

実際会ってみたときは普通の人だったんです。

近くのレストランに入ると「私お腹すいてないから」と言ってコーヒーだけを注文しました。

一緒に食べる約束をしていたのに、お腹が空いていないのはおかしいと思いましたが、私一人で食べることにしました。

食事をしながら会話をしていて、趣味や普段の生活が話題になりました。

そこで怪しさを感じたんです。

フットサルを大学でしていると言うと、今度会社の人とフットサル大会があるからおいでよ、と誘われました。

自分は薬学部に所属していると言うと、今度知り合いの人が薬学についての講演をやるからおいでよと誘われました。

その後もどんな話をしても、なにかにつけて誘ってきました。

最初は嬉しく思い、予定が合わないのが残念だったんですけど、次第に怖くなっていきました。

そして、1時間くらいして向こうもあきらめたのでしょうか。

帰る流れになり、そのまま解散しました。

後からネットで調べてみますと、それはアムウェイのやり口で、出会い系で知り合った人を勧誘し、講演会や大会に来た人に対して商品を売りつけたり、無理やり入会させる被害が出ているそうです。

ペアーズは定額制で、Facebook認証もあるのでかなり安全だと思っていましたが、ごく少数でこのような人がいるようです。

ドタキャンする女性の本音

30人以上の女の子とペアーズで知り合い、今でも仲良くさせてもらっている私ですが、ドタキャンされた経験もあります。

やっとの思いでデートまでこぎ着けた!

「よっしゃー○○ちゃんゲットだぜ!」と身も心も有頂天!

当日のデートプランを練って、当時着ていく服をチョイスして、上手くいけばホテルまで連れ込めるかも……なんて妄想を膨らませていた矢先、まさかのドタキャン。

なぜ?どうして?あんなに毎日メッセージ交換していたのに。何がダメだったの?てか、ドタキャンするなら最初からデートOKするなよ。という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はこれ、そんなに珍しいことでもないんです。

出会い系なら一度は経験することと言いましょうか、まあ出会い系じゃなくても合コンとか街コンで知り合った女性でもドタキャンする人はします。

就職活動中に勢いで面接入れてしまったものの、後で冷静になって考えてみると段々面倒になってきて「あんまり行きたくないな―」っていう方向になって、最終的にドタキャンしてしまうようなパターンとよく似ています。

とはいっても、ドタキャンされた側はいつまでもしこりとなって残ってしまうものですよね。

というわけで女性がドタキャンするときってどんなときか、ペアーズで知り合った女の子たちに聞いてみました。

1、社交辞令

女性は基本的に社交辞令の塊です。

「ぜひ飲みに行きましょう~」

「楽しみにしています」

「誘ってくれて嬉しいな」

などなど、こういう発言はすべてその場の空気を壊さないために発しているものであって特に深い意味はありません。

面と向かって会話している状況なら社交辞令かどうかの判断はできるかもしれませんが、出会い系では文字だけのやりとりがベースとなるので、相手の心理を文字だけで汲み取るのは非常に難しいです。

なので、女性の社交辞令を本気と捉えてしまうのも無理はないのですが、社交辞令を言う女性は周囲の人から嫌われたくないという心理が前に出るので、デートの話がどんどん進んでいっても断るに断れなくなります。

そしていよいよデート直前のギリギリになったところで「急用ができました」と理由を付けて断ってくるのです。

断った後で色々揉めるのが嫌なので仕方なくこういう行動をとってしまった、というのが女性の本音でしょうが、男性からしてみるとただただ不誠実な女性ですよね。

こういう場合は調子のいい言葉を無暗に信用せず、社交辞令かもしれないな程度に留めてやりとりすることをおすすめします。

あまり過剰に期待し過ぎると、ダメだった時の落胆も激しいですからね。

2、キープ

特別何が悪いというわけではないけど特別何かが優れているというわけでもない、一言でいうなら並。といった評価付けをされてしまっている人は女性の中でキープの位置にされている可能性が高いです。

そしてこういう人がデートに誘うと一応はOKされるものの、本命の男性からデートに誘われると素早くそっちに切り替えられて雑な扱いをされてしまうのです。

自分がキープ位置にあるかどうかは女性との会話から何となく掴み取ることができます。

例えば、今まで「デート楽しみ!」「○○君ともっと仲良くなりたい」といういい感じの内容が送られてきていたのに、突然素っ気ないメールが返ってくるようになったり、返事が2~3日置きになったりした場合はほかに気になる男性が

現れた可能性大です。

これは別にあなたが何をしたというわけではありません。たまたま運が悪かっただけです。

ただ、出会い系の性質上、互いにキープしキープされることは避けられないので、相手に別の本命がいてもそれを責めるような発言はしないでおきましょう。

3、面倒になった

これもよくあることです。

というか、女性がドタキャンする理由の中でもっとも多いのがコレかもしれません。

面倒になる理由は女性によって様々ですが、特にこれといったこともなくただ行くのが面倒になることが多いです。

直前になって何となく行きたくなくなる、メイクするのが面倒になる、会って会話が弾まないところを想像すると気分が乗らないなど。とにかくそういう取るに足らない理由で行きたくなくなるのです。

こういう女性の本音を聞いて「自己中心的過ぎる!」と思う男性もさぞいらっしゃるでしょうが、基本的に出会い系にいる女性とはそういうものです。

何といっても出会い系は周囲との繋がりがない上に、LINEやメッセージという脆い糸ひとつで結びついている状態ですから、切ろうと思えばいつでも関係を断つことができるんですよね。

なので、約束を果たさなければならないという義務に囚われる必要もないわけです。

もちろんこの場合も男性に非はありません。しかし、何となくの理由でドタキャンされたからと言ってその怒りをぶつけてしまうと女性は益々あなたと関わるのが面倒になってしまうので、もしどうしてもデートしたい女性であるなら

ば、その怒りをグッと堪えて相手を思いやるくらいの紳士らしさを見せてください。

そうすれば女性も「もしかしてすごくいい男かも?」と、あなたに好意を寄せ始めます。

4、お金を使うのが嫌

出会い系で知り合ったどこの馬の骨かも分からないような男性とデートしてお金を使いたがる女性はほとんどいません。

一時期「メシモク」なんて言葉も結構使われていましたが、はっきり言って出会い系にはメシモクしかいません。

デート代を奢ることはもちろん、肉体関係を持つならホテル代なども男性が支払った方が女性からのウケはいいですし、次にも繋がりやすいです。

がしかし、最近割り勘主義のカップルが急増していることから、出会い系で知り合った女性に対しても「割り勘でいい?」「ここは俺が払うから次は君が払って」という男性がたまにいるようです。

真剣に交際しているカップルが支払いを分担するならまだしも、出会い系で知り合った見ず知らずの女性にこのような提案をするのは非常にマイナスです。

女性は結構打算的な生き物なので、自分の利益にならないような行動はしないものです。

よって、デート代に関してもよっぽど自分好みの男性でない限り払いたくないものですし、ましてや初対面ともなればどんな男性が現れるのかも分からないわけですから、尚更お金を使いたくないんですよね。

これが例えば好きなアイドルだったり、憧れの俳優だったら女性も喜んでお金を使うことでしょう。

でも出会い系にいるのは一般の男性です。しかも相手のことをたいして知らない状況での誘いなら益々財布の紐は堅くなるでしょう。

もし、あなたがデートの約束をする前にデート代について割り勘などの提案していたとすれば、おそらくそれが理由でドタキャンされた可能性が高いです。

二人分のデート費用を支払うのはなかなか痛い出費だと思いますが、最初のデートくらいは男らしく全額奢って懐の深さをアピールしてほしいと思います。

5、彼氏もしくは夫がいる

これもよくあるパターンと言えばパターンですね。

出会い系をしている女性のだいたい7~8割くらいは彼氏持ちか既婚者と考えていいかもしれません。

こういう場合、約束した時はあなたに会うつもりでいたけれど、本命の彼氏もしくは夫との約束と偶然重なってしまい、本命の誘いを優先したというケースがほとんどです。

なので、あなたのことを嫌いになったわけでもなければ、あなたが原因でドタキャンされたわけでもありません。

しかし、男女共に言えることですが、出会い系をしている人は自分に本命の相手がいることを隠したがるところがあります。

もちろん「本命がいるのに出会い系やってるなんて信じられない」と引かれてしまうのが怖いからという理由もありますが、まだ知り合ったばかりの人間を完全に信用できないという理由も隠されていたりします。

もし女性に本命の相手がいるような気配があれば、おそらくその本命からあなたに優先順位が変わることはありません。

しかし、あなたが都合のいい相手を求めているのであれば、ドタキャンされた後も気長に女性とやりとりを重ねて会ってもいいと思ってもらえるようになるまで待った方がいいでしょう。

余裕のあるところを見せれば女性もそのうち「気晴らしに会ってもいいかな」と思うようになります。

こういうタイプの女性はそもそも本気で出会いを求めていないので、冷やかし程度に出会い系を利用していることがほとんどですが、一度会って親密な関係に持ち込んでしまうと長く付き合える相手だったりします。

一度ドタキャンされたくらいで諦めず、地道にチャンスが転がってくるのを待ちましょう。

6、ほかに魅力的な誘いがあった

キープとよく似ている理由ですが、優先されるのは何も男性からの誘いとは限りません。

友達からの誘い、合コンの誘い、婚活パーティーのお知らせなどなど、色んなイベントと比較してあなたとのデートよりもこっちの方が楽しそうだからドタキャンしよう!と思われた可能性もあります。

まあいずれにしても、デートよりも別の誘いを優先するということは、あなたに対してそれほど気があるわけではないことの表れですので、こういう時は潔く身を引いた方がいいかもしれません。

粘れば粘るほど「鬱陶しいな」と思われかねませんので。

7、ドタキャンされるのは基本的にネガティブな理由がほとんど

という具合に、ドタキャンされるには色々な理由があるわけですが、その理由のほとんどがあなたにとって良いものではなく悪い内容となっています。

ではなぜ女性は一度約束したにもかかわらず、デート直前になってネガティブな方向に気持ちが傾いてしまったのでしょうか?

理由を見る限り、男性に非のないことも沢山ありますが、実は間接的に男性の行動が絡んでドタキャンという発想に至っている場合もあります。

では、女性がドタキャンしてしまうに至る行動とは一体何なのかについて次項より解説していきます。

8、業務連絡のようなメッセージを送っている

男性が一番やってしまいがちなパターンです。

男性にとっては会うことがひとつの目的ですから、デートの約束までこぎ着けた時点で一応の目的は達成!ということで、それ以上やりとりをする必要もなければ、メッセージで話題を広げる努力をすることもない、なんて考えている人

が多いんです。

しかし、女性の場合は違います。

デートまでの間も女性の中では常にメッセージのラリーが続いているのです。

今までのやりとりと同様に、今日は朝昼晩おにぎりだったとか、上司に小言を言われてムカついたとか、イライラし過ぎてスナック菓子食べ過ぎたとか、そういうどうでもいい内容をデート直前まで続けたいものなのです。

一方で男性の方はというと、デートの約束が決まった途端に「そっかー」とか「了解」とか「お疲れ!」という一文しか返ってこないので、女性からしてみると「デート決まった途端に素っ気なくなったなー」となるわけですね。

で、これが数日間続くと女性の中で「なんか会っても楽しくなさそう~。そういえば○○さんからもお誘いあったし、そっちに予定変更しようかな。無駄に時間使うのも勿体ないし!」

という感じで変化していくんです。

というわけで、業務連絡的なメッセージを送ってる人は今すぐそれを止めましょう。

本人は親しみを込めて発信しているつもりかもしれませんが、それは全くの逆効果です。

特にデートに誘った後で急激に態度を変えるとただ軽い男にしか見られないので要注意です。

男性は女性よりもメッセージを重要視していないので気を抜いたらすぐ素っ気ない感じの文面になってしまうものですが、どのような場面でも素っ気ないメッセージは女性に好感を持たれませんので気を付けましょう。

9、何事もバランスが大事

女性が嫌いな食べ物の話をしているだけなのに、「君がその食べ物を克服できない理由は幼少期のトラウマによるものであり、そのトラウマとは即ち自分自身に打ち勝つことのできない君自身の弱さである」と感じでダラダラ講釈を垂れ

る、会ってほしいと誘って女性の方が今月は忙しいとやんわり断ってくると「だったら予定が空くまで待つよ。いつまでも待つよ」とストーカーチックにごり押ししてくる、一言メールしか返していないのにガッツリ長文メールで返して
くるなど、どちらかにその比重が偏るとアンバランスが生じ、その結果女性の心の中に「気持ち悪い、面倒、鬱陶しい」という感情が生まれます。

まあ上記の例は少々極端すぎるものなので、ここまで酷い人はあまりいないと思いますが、だからと言って自分のペースでどんどん話を進めて行ってしまうと女性の中で不満が募って最終的にはドタキャンの選択肢を選んでしまうことに
なるので、会話をする時は何事も相手のペースに自分が合わせるくらいの感覚でやりとりした方がいいでしょう。

女性が何を考えているのか分からない、女性はわがままだ、と嘆く男性も、少し女性のメッセージに注意して、相手のペースを軸にやりとりを重ねるようにすれば、少なくとも女性との適切な距離感を掴むことはできるはずです。

コミュニケーションにおいてつかず離れずの距離感を保つことは非常に重要。そしてそのルールさえ守っていればドタキャンされる回数は激減するはずです。

10、女性が本気でデートに行きたくないと思っている時の断り方

いや、そうはいっても本当に急用ができて会えなくなったのかもしれないし、もしかしたらデートの日を勘違いしていたのかもしれない。それか約束したのが結構前だったからうっかり忘れていた可能性だってある!と、色々ポジティブ
な方向に考えを巡らせている男性にとって、その時間はもっとも苦しく、そしてもっとも無駄な時間でもあります。

女性の本音さえ知ることができれば、これからどういう一手を打てばいいのかも分かりますし、無理なら無理で別の女性に切り替えた方が手っ取り早いからです。

では女性は本当にデートしたくない時、どのような理由で誘いを断るのでしょうか?

(1)急に仕事が入って……

一番都合のいい断り文句です。

だいたいデートを断りたい時はこのフレーズを使います。

「急に仕事が入って」と断りを入れた時に「じゃあいつなら会える?」と透かさず次のデートの約束を取り付けようとする人がいますが、ここで別の日を提案してきたら本当に急用ができたという証拠ですのでまだ望みはあります。

しかし「ちょっと予定が分かりません」と返されたら「会うつもりはありません」という意味なので、それ以上誘わない方がいいでしょう。

(2)体調が悪くなって……

これもよく見る手口ですね。

実際、本当に体調が悪くてドタキャンする人もいると思うので、100%嘘と決めつけてかかるのはやや強引な気もしますが、この後で女性の方から連絡がパッタリと途絶えてしまったらデートの乗り気じゃなかったと考えた方がいいでし
ょう。

もし本当に体調が悪くて、しかもあなたとデートをする気でいるのなら、おそらくその後連絡がきて女性の方からデートの誘いをしてくるはずです。

(3)生理痛がひどくて……

女性の最大の武器です。

どうしても行きたくないデートは生理痛を理由に回避します。

生理痛を理由にされたら男性は手の出しようがありませんし、この日にセックスしようと思っていたのなら尚更テンションが下がって「じゃあ仕方ないかー」となってしまいますよね。

つまり、生理痛は男性を拒絶するには最適の理由だということです。

この場合は何をどう足掻いても女性を振り向かせることは不可能なので、サクサク次の女性に行った方が賢明です。

(4)身内が事故にあって……

生理痛に匹敵するくらいに強力な武器ですね。

本当ならドタキャンされたどころの騒ぎではありませんが、嘘だとしたら飛んだ性悪女ですね。

この場合もドタキャン後に連絡すると段々返信がこなくなって最終的にフェードアウトされるパターンなので、嘘ならすぐに見破ることができます。ただ、本当に事故にあわれたせいで憔悴している可能性もあるので、確証なしに相手を

一方的に攻めるのは厳禁です。

(5)終電まで仕事で明日は始発から会社に行かなきゃいけない

手の込んだ断り文句ですが、相手につけ込む隙を与えない練りに練った断り方だと思います。

まず、終電まで仕事だからと断ると「じゃあタクシーで帰ればいいじゃん」と言われて強引に誘われる可能性がありますし、終電がないことを理由にホテルに連れ込まれる可能性もあります。

しかし、始発から会社に行かないといけないという理由をプラスすることで「仕事が終わるまで待つ」という誘いと「ホテルに行こう」という2つの誘いを回避しているのです。

こういう断り方をされた時はもう何を言っても無駄です。

追い続けても時間の無駄なので別の女性に切り替えた方がいいでしょう。

(6)既読スルー

未読じゃなくて既読だからまだ脈があるんじゃないか!?と思っている人もいるようですが、未読だろうと既読だろうと同じことです。

返信がこないというのは、理由もわからず一番モヤモヤする断り方だと思いますが、もはやこれは「断るのすら面倒だ」という意思表示と受け止めた方がいいでしょう。

どう思っているかは最終的にその女性にしか分からないことですが、少なくとも好意を持っていないことは確かです。

やんわり断って粘られるのが嫌、断って暴言を吐かれるのが怖い、断るのが面倒など、色んな理由が考えられますが、いずれにしても返信がこないということが何よりの答えではないでしょうか。

11、ドタキャンの理由まとめ

ということで、女性がドタキャンする理由には深い意味などなく、ただ単純に行くのが面倒だからとか、着ていく洋服が決まらないからとか、メイクに失敗したからとか、そういうどうでもいい理由でドタキャンすることが多々ありま
す。

こうして見ると非常に自己中心的かつ性悪な生き物ですが、ドタキャンに至るには、テンションが下がってしまうようなキッカケがあるはずです。

まあそのキッカケが自己中な内容だったり、男性側に問題があったり、本当に何かのトラブルに巻き込まれていたりと様々なわけですが、どんな理由があるにせよ、ドタキャンされた時はまず一旦冷静になって相手の言い分を聞いてあげてください。

そして、相手を責めるのではなく、その理由を受け止めて理解してあげる懐の深さを見せましょう。

もし次に繋げたい相手なら、必ずその懐の深さが次に活きてくるはずです。

ドタキャンがきっかけで縁が途切れてしまったとしても、その経験が別の女性との出会いで役に立つ時がきます。

ドタキャンされても次の女性とはきっと出会える!そういうポジティブ精神を持つ男性は出会い系でもいい出会いに恵まれます。

女心が分からず苦戦している男性陣は、まず女性のペースに合わせてやりとりしてみることからスタートしてください。

女性と同じ歩幅でコミュニケーションをとることでバランスが一定に保たれ、相手も疲れることなくあなたとのやりとりを続けられるようになります。

デート当日まで疲れない状態を維持し続けられれば、女性の中であなたの優先順位がそれ以下になることはありません。

また、ドタキャンされた時はズルズル引きずらないで次から次へとターゲットを変えていく前向きさも必要です。

場数を踏んで女性からドタキャンされない魅力的な男性になりましょう。”

総評

さて、いかがだったでしょうか。

私の過去にあった体験を元に紹介させていただきました。

もちろん、他にも失敗談はたくさんありますが、今回はこれくらいで。

ペアーズに失敗はつきもので、一回も失敗したことない人なんていないと思います。

私は失敗した分、何回かペアーズでいいことがあり、仲良くなれた人がいたり、飲みに行ける人ができたり、合コンを開いてくれる人を見つけたりと、楽しいこともありました。

みなさんも、失敗を恐れすぎるのではなく、むしろ失敗を成功へのエネルギーとして、トライアンドエラーでペアーズを使ってみてください。

より、充実した生活ができたらいいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です