出会い系サイトに登録している未成年者は?

出会い系サイトを利用している限り、どうしても気になってしまうのは未成年者との出会いかと思いますが、実際に未成年者がサイトを利用している事はあるのでしょうか。
出会い系サイト側では未成年者が利用できない様に年齢確認や本人認証等の施策を用意していますが、未成年者がサイトを利用している可能性もゼロではないという事を覚えておきましょう。

未成年者がサイトを利用する方法

良く耳にするのは成人した友人、知人といった所からアカウントを借りて利用しているケースです、実際に掲示板での募集にメッセージを送り会ってから年齢の確認が出来るものを提示してもらったら未成年だったという経験をする人もいるかもしれません。
こうしたケースの場合掲示板やメッセージのやり取りで気付くことは殆ど不可能で出会った際に年齢確認が必要だと感じたら素直に聞いてみるのが一番です。

未成年者と出会い系サイトで出会うとどうなるのか?

出会うだけでも罪に問われる可能性がありますが、基本的に手を出さなければ大事になることはありません。
しかしながら割り切り等で未成年者とホテルへ行ったりすると少年少女淫行等の条例に抵触する可能性、または刑事事件として児童略取や誘拐といった事件に巻き込まれてしまう可能性があります。
児童と呼ばれる年齢の少年少女は法的に言えば親の監視下にあり、これを離れた行動自体が罪に問われます。
こうした面倒事に巻き込まれる事の無い様に会って怪しいと感じたら年齢確認を怠らない事も出会い系サイトでは必要な事になります。

サイト上で気づいた場合は

出会い系サイト内のメッセージのやり取りなどで実際には16.17歳だと申告があった場合は速やかにサポートへ連絡するのが最も良い選択です。
出会い系サイトは児童の利用を禁じているので、他の会員等にも被害が及ばないですし、自分が罪に問われる事も無くなります。
出会い系サイト内で児童を発見する事も稀ではありますが、頭に入れておくと其の状況下で適切な判断が出来るようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です