無料出会い系サイトの危険性

出会い系サイトには『完全無料』『入会金無料』『本人確認作業無し』等と謳っているサイトが山のようにあります。
全てが危険だとは言いませんが、99%の割合でこういった出会い系サイトは危険を孕んでいるという事をご存知でしょうか?
何故無料の出会い系サイトが危険なのかを一緒に学んでみましょう。

無料の出会い系サイトはそもそも出会い系サイトではない。

出会い系サイトを運営する以上必ず守らなければならない法律がありますが、これは出会い系サイト規制法(略称)と呼ばれているものです。
これを遵守する為には最低限人件費とプライバシーを守るためのセキュリティが必要となり完全無料での運営は基本的に不可能だと言われています。
中には広告費だけで運営することを目指している出会い系サイトも存在するので、絶対的に無理だとは決め付けることが出来ませんが、少なくとも多くの出会い系サイトは有料サービスとしています。
では完全無料の出会い系サイトというのは何をしている場所なのか、それは私達の個人情報を収集する窓口になっているだけで、実態的にはメッセージを送る、会員情報を公開するといった状態にならない事が多いのです。
無料の出会い系サイトと銘打って登録してきたユーザーは『出会いがほしい』『騙されやすい』といった属性を持っており、こうしたユーザーの個人情報は悪徳サービス業者にリストで取引されています。
よくあるのがスパムメールが一日に1000件以上送られてきた、なんて話ですがこれは登録した人が騙されやすいからタイトルを工夫するだけでURLをクリックする可能性があるという期待値から送られているものです。
また、無料の出会い系サイトは姉妹サイトに自動登録させられ、そっちでは高額の入会金が必要といった詐欺まがいの手法で直接資産を狙ってくる場所もあるのです。

出会い系サイトに登録する場合にはこうした知識も必要になることがあります、頭の片隅に置いておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です